治しにくい顎や口周りのニキビは何が原因?

20代以降の大人ニキビは、思春期の頃の頬やおでこといった場所ではなく、顎や口周りにできてしまうことがあります。

この場所にできたニキビは残念ながら治りづらく、そして繰り返し発生する可能性が高いものになります。

この、顎や口周りにニキビができてしまう理由は複数あります。例えば、ストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れ、老化によるホルモンバランスの変化などです。
複数の原因がありますので、それぞれの治療法があります。しかし、原因を特定するのが難しいため、自身に合った治療法を見つけづらいのです。
こういった実情があるので、顎や口周りのニキビが治りづらいと言われています。

さらに、カミソリやメイクでの肌への刺激も考えられますし、
女性では生理のホルモンバランスの変化が原因となるケースもあります。

人によって原因が違うため、治療方法の選別が難しいのです。しかし、まず最初にやるべきことは生活習慣を整えることと、日頃のスキンケアの見直しです。

スキンケアだけでは治らないと言われてしまうのが、ホルモンバランスの乱れによるニキビだった場合です。スキンケアで肌の環境を良くしても、睡眠不足や生活習慣の乱れにっよってホルモンバランスが崩れてしまえば、またニキビができてしまうからです。ですので、十分な睡眠や栄養バランスのとれた食事、ストレスを抱えないこと、規則正しい生活リズムなどが、ニキビ対策として一番有効なのです。

参考:http://www.gallery143.com/